2013年1月21日月曜日

LinuxとEFIについて補足

先の記事に書ききれなかった補足。
Linuxはカーネルコンパイルのオプションで、CONFIG_EFI_STUBというのがあります。
これを有効にしてビルドしたカーネルは、UEFIシステムパーティションにinitramfsと一緒に置いておくことで
UEFI ShellやUEFIそのものから直接起動できます。
そのさい、カーネルは\EFI\<id-name>\<kernel-name>.efiといったかんじに置くといいかとおもいます。
\EFI\ubuntu\vmlinuz.efi
といった具合です。
この時、カーネルやinitramfsと一緒に
linux.confという名前で設定ファイルも作ります。
中身は、
root=UUID=xxxx ro rootfstype=ext4 add_efi_memmap initrd=\EFI\<id-name>\<initramfs-name>
としてください。

xxxxは起動するLinuxの/パーティションのUUID、<id-name>はカーネルを置いたフォルダ名、<initramfs-name>はinitramfsの名前です。

このUEFISTUBなカーネルを起動するには、
・MacOSXでよくつかわれるrEFInd UEFIを使う
・Gummiboot Boot Managerを使う
・UEFI Shellから直接起動
先の記事で紹介した用にefibootmgrでエントリを登録
などがある模様

詳しくはArch Wikiを参照するといいと思うよ?

GRUBとEFIの組み合わせで使うときのメモ またはEFI全般のtips

EFI移行でやらかしたバカ話について2つ記事を書きました( 1 2 )

しかし実はこれは12月13-14日の出来事。もうEFIに移行して1月です。
そこでいくつかtipsというかメモを残します。
ほぼ推測に近いので
間違いがありありな気がするので指摘があれば是非どうぞ ちょっと補足しました
(ちゃんとドキュメント読め)

2013年1月20日日曜日

如何にして私はBIOS+MBRからUEFI+GPTに移行したか 2

て、そこでついでに環境そのものをRecoveryしようと考えました。

(前回の記事 -> 1 )

如何にして私はBIOS+MBRからUEFI+GPTに移行したか 1

のはじまりは私が使用しているThinkpad x121e(3051)にWindows8を入れようとした時。
色々あってMicrosoftのエヴァンジェリストの方にWindows8のアプリ作成の基礎について
話を聞く機会があったので、私用(試用)に実機で試したいと思ったのがきっかけです。
過去に(これこれこれ)仮想環境では試したことがあったので実機は始めてでした。
(実はDeveloper PreviewをVHDにインストールして実機から起動したことはあるけれど)

なのでうっかり忘れてました。 Windows8はGPTパーティションでフォーマットするんでしたね。

インストール直前に気がついてインストールをキャンセルしましたがMBRが見事消えさりました。

(長め記事になりましたので分けました。 -> 2 )