投稿

6月, 2014の投稿を表示しています

UNIX and 2BSD on PDP11(SIMH) その2

前回からの続きなので前回から読んでること前提です

BSDを入れる前に

BSD関連についてはこちらを参考にした
http://gitter.matrix.jp/simh-for-unix/v6-unix-on-simh/
情報がよくまとまって非常にかりやすいサイトである.

インストールしたUNIXv6に2BSDをインストールする.
また阪大のミラーから
ftp://ftp.ics.es.osaka-u.ac.jp/pub/mirrors/UnixArchive/PDP-11/Distributions/ucb/2bsd.tar.gz
2BSDのtarballを入手.

ftp://ftp.ics.es.osaka-u.ac.jp/mirrors/UnixArchive/PDP-11/Bug_Fixes/V6enb/v6enb.tar.gz
からv6enbを入手し,解凍.cc -o enblock enblock.cとすることでenblockコマンドを作成.

gunzip -d 2bsd.tar.gz | ./enblock > 2bsd.tap とすることで,tar形式でアーカイブされた2bsdのテープイメージ(simh用形式に変換済み)が手に入る.これを,UNIXv6に入れてアーカイブを解凍するだけ……なのだが問題がある.
tarコマンドはUNIXv7より追加されたコマンドでUNIXv6にはtpコマンドしかない.
tpコマンドも使うとtarにかなりよくにたオプションであることがわかる.

とりあえず,前回の記事にあるSoftwareKitからもってきたUNIXv7のイメージを用いる.
その前に起動スクリプトであるUV7に修正が必要.
2bsd.tapをUV7とかと同じフォルダにコピーしてきて,
UV7に
att tm0 2bsd.tap
att tm1 tape.tap と書く.これで2bsd.tapはtm0にアタッチされ,tape.tapというテープイメージは新しく作られた上でtm1にアタッチされる.
そして,
# cd /tmp
# tar xv0 tar
# tp rm1 tar としてやるとtm1にあるtape.tapにtarが書き込まれる.

ちょっとウンチク.
tarのxvは現代のオプションと同様.その後ろファイル名を指定して特定のファイルだけ取り出している.…

UNIX and 2BSD on PDP11(SIMH) その1

2010年ぐらいに初めてsimh-pdp11に触れてから,
ちょいちょいancient UNIXで遊ぶのですが毎回色々忘れてググってるのでメモ

まず普通にsoftware kitからUNIX v7を実行する方法
http://simh.trailing-edge.com/software.html
SIMHの公式ページの,Software Kitは様々なアーキテクチャの様々なOSをアーカイブしている
ここからUNIX v5〜v7を入手可能

uv7swre.zipをダウンロードしたら解凍し,
simh-pdp11(ArchLinux以外でビルドしたりしたらpdp11ってコマンドだと思う)をつかって,
$ simh-pdp11 UV7 で起動.UV7は起動スクリプト,simhのコマンド用のスクリプト
@プロンプトが表示されたら,
@boot で起動
そして
:プロンプトで
:rl(0,0)rl2unix として
RL11な0番目のディスクの,ルートにあるrl2unixというカーネルファイルを指定することで,
カーネルをブート

まずは#なプロンプトに落ちてシングルユーザーモードになるので,
^D(Ctrl-D)でマルチユーザーモードに移行
user:root password:root
でログイン可能.
あとはmailもつかえるし各種UNIXコマンドもつかえるし,困らない

exitコマンドではexitせず,^Dでログアウト

エミュレータの終了はCtrl-Eでsimhのプロンプトに抜けた後,simhのqコマンドを発行



次にUNIXv6をテープイメージからインストールする方法
http://d.hatena.ne.jp/oraccha/20101101/1288582382
を参考.oracchaさんが紹介されてるインストール手順のファイルは消えちゃってるけど,
http://shuntavista.jimdo.com/2013/01/05/unix-v6-%E3%82%92-simh-pdp11-%E4%B8%8A%E3%81%A7%E5%8B%95%E3%81%8B%E3%81%99%E3%83%A1%E3%83%A2-%E7%B0%A1%E7%95%A5%E7%89%88/
のブログで手順を公開されてる方がおられたので再現可能

http://gunkies.org/wiki/In…